FAN LETTER(2017.09.18更新)


■「ひよっこ」で、どんな重要な使われ方をするのかと楽しみにしていましたが、みね子とほぼ同年代の私にとっては、感激もひとしおの放送でした。荒木さんを知らない若い人達が、この曲をどんなふうに聴いたのだろうと、ふと思いました。荒木さんの世界を、より多くの人に知ってほしいものです。(2017.9.18長野美保)


■『ひよっこ』観ました。そして、懐かしいレコードジャケットが目に入りびっくりでした。今も大事に取ってあるレコードのジャケットです。最近はユーチューブでかなり聴けますが、時々また聴きたい曲を思い出してます。そんな訳で、またレコードを聴けるように準備してます。荒木さんのメッセージを多くの人に聴いて欲しいと思います。人生の応援歌です。(2017.9.15荒木信者:玉置昭男)


■13・14日、「いとしのマックス」が流れる場面を観て大感激しました!!全国の多くの朝ドラファンが観て「いとしのマックス」から荒木さんのことを知って貰えることでしょう!!そのことを大変嬉しく思っています。多くの方がブログに「いとしのマックス」の記事をアップしています。NHK&NHKのドラマ製作関係者の皆様に感謝!!感謝!!です。(2017.9.15玉置哲男)


■本日はNHK朝ドラ『ひよっこ』に待ちに待った「いとしのマックス」が流れ、とても嬉しくて録画を3~4回観ました。出演者全員による大合唱に思わず感動してガッツポーズしました。また興奮も冷めやらぬ内に、夕方6時からのNHK-FMのプレリュードで吉田照美さんの荒木一郎さん特集があり、12曲流れたので聴き入ってしまいました。予期していなかったサプライズな出来事でしたので、嬉しくて思わずメールしました。(2017.9.13石川登美子)


■きょう(9月13日)の放送に大感激しました!!なるほど、ドラマの<重要な部分の音楽>に採用される価値のある名曲ですネ!!当時のことを懐かしく思い出しながら、元気を貰いました!!「お便り」コーナーのコメントも全部読ませて頂きました。嬉しいコメントばかりで、感激しています!!当方も全く同感です!!アメブロにも多くの方が昨日の『いとしのマックス』と先日の『空に星があるように』に関しての記事をアップされています!!全部、感動しながら読んでいます。(2017.9.13玉置哲男)


■先に番組中で歌われた『空に星があるように』だけでは不完全燃焼でしたから、きっと掛かると信じてました。今週のサブタイトル「真っ赤なハートを君に」から、期待は『いとしのマックス』へ。そして、きょう(9月13日)それが実現しました!!予想を遥かに上回る登場振りに、私も一緒に唄い、踊ってしまいました。NHK『ひよっこ』製作陣は素晴らしいです!!最終回まで欠かさず拝見します。(2017.9.13渡部純子)


■今朝、NHKテレビ連続ドラマ「ひよっこ」を見ていたら、荒木一郎さんの「いとしのマックス」が流れました。この日本に荒木一郎さんという歌手が居て、「いとしのマックス」という曲が生まれ流行っていた時代があった事を、改めて懐かしく本当に懐かしく思い出しました。あの頃、カッコいい荒木一郎さんが歌っていた「いとしのマックス」、この曲もまたカッコいい曲です。ご出演の方々がこの曲を楽しそうに歌われているのを拝見し、とっても気持ち良く、幸せな朝のひと時でした。(2017.9.13fukuda)


■アマゾンで前から欲しかった「GOLDEN BEST荒木一郎の世界+12」をやっと購入しました。昨年のコンサートで聴いた「湯の街怨歌」が入っていたからです。が、前半はほとんど初めて聞く曲ばかり、全て素晴らしいのです。「僕は君と一緒のロックランドにいるのだ」はyoutubeで少し聴いたことがありますが、荒木さんの才能に改めて感嘆しています。少し演歌っぽい曲も失恋的な曲も詩が心にすっと自然に入ってきます。ずっと一年間「SHOW BOAT」を毎晩聴いてきましたが、しばらくはこちらになりそうです。「梅の実」も大好きな曲です。荒木さんの繊細な心が沁みてきそうです。朝ドラ『ひよっこ』に、いつ荒木さんの「いとしのマックス」が出てくるのか、まだ確認しておりません。最近巷で流れている音は雑音にしか感じられなくて悲しいです。コンサートを心待ちにしております。(2017.9.11 仮名/毎日荒木さん)


■最近、年のせいでしょうか、色々な新しいものに何となくついていけなくなったような気がしている私です。世の中が複雑になり過ぎたせいでしょうか、つくづくシンプルなものが実に素晴らしいと感じ始めています。初めてお便りさせて頂きますが、懐かしいというよりは、本当に本当に時代の産物でありながら時代を超えた名曲、そういえばNHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」でも、その番組を盛り立てていたワンシーン(ヤスハル君が歌った『空に星があるように』)。荒木さんの時流を超越した極めて質素な何かが胸を打ってきたような気がしました。可能であれば、こちらの方にもライブという形でお越しいただけたらと心より望んでおります。今後の活動、そしてご活躍を目いっぱい祈りつつ、その存在証明をどうかいつか聴かせて下さい。(2017.8.24高橋由紀子)


■最近カラオケに行く機会が有りまして、いつも荒木さんの曲を歌いますが、今までに無かった曲がたくさん入ってきて、とても嬉しいです!特に「今日にさよなら」や「懐かしのキャシブラウン」は歌いたかった曲なので感激です。やはりリクエストが有るのと思いとても嬉しいです。良い曲は不滅ですね!これからも機会有るごとに歌っていきます。(2017.7.24玉置昭男)


■本日は荒木一郎さんのお誕生日ですね。お誕生日おめでとうございます。昨年の10/3の50周年記念コンサート当日は私自身、満73歳の誕生日でもありました。思えば昨年のコンサートの開催を知ったときにチケットを購入して、コンサート開催をとても楽しみにしてました。この日を境に大ファンになり、2010年の3DAYSライブのDVDを購入し、 毎日のように見て聴いて楽しんでおります。「まわり舞台の上で」を購入し、只今2度目を読んで楽しんでおります。また文學界11月号も「まわり舞台の上で」の凝縮した内容で面白く読みました。CDもまたいくつか購入してしみじみと毎日聴き入っております。年末のクリスマスパーティーにはじめて参加しました。荒木さんの歌をもう少し多く聴いていたかったです。今は荒木一郎さんの音楽が加わり私の生活に彩りを添えております。今後の希望はコンサートライブの開催を楽しみにしております。どうかお身体をご自愛くださいませ。(2017.01.08石川登美子)


■荒木一郎さん、お誕生日おめでとうございます。東映チャンネル『ザ・ボディガード/第16話白い獲物の罠』、永年気になっていたドラマでした。このサイトで知り、ずっと楽しみにしていました。気弱な青年と策略家、まるでカメレオンのように二面性の役柄を鮮やかに演じる荒木さんに、今更ながらの驚き!!これまで埋もれていたけど、これは最重要作品です。東映チャンネルに感謝、です。カメレオンといえば、荒木さんの歌もそうかも知れませんね。アルバム毎に、いえ一曲毎に千変万化する曲調。でもそこにあるのは、人間に対する優しさ。クールに見えても、誰より人間が大好きな荒木さん。その歌は全て人間賛歌です。きっと荒木さんは少年の心のままの方なのだと思います。(2017.01.08渡部純子)


■『週刊読書人』、一人の異才を通じて見た戦後日本の精神史/荒木一郎「まわり舞台の上で」(栗原裕一郎)は、若い薦者なのに、荒木さんを理解されていて驚きました。リアルタイムで荒木さんを知らないファンがふえて嬉しいです。荒木さんは次の世代に語り継がれる天才です。もっとたくさんの人に、荒木一郎の存在知ってほしい。荒木さんは若い時から才気あふれ、今だに色褪せない方です。これからはもっともっと「表舞台」に立ってもらいたいです。(2017.1.3渡部純子)


■1月9日NHKラジオ深夜便「日本の歌こころの歌」で荒木一郎特集が放送されます。3時から4時までです。起きていれば聴けますね。夜中に目が覚めるといつも荒木さんの曲を聴きながら知らない間に眠れています。NHKのお気に入りに登録しているのでラジオの番組まで最近は聞き逃しません。先日は吉田照美さんとの放送も聴きました。「回り舞台の上で」ももちろん東京堂書店まで足を運び読ませていただきました。大人の歌が久しく聴けない世の中になりテレビの音楽番組もつまらないものばかりです。来年も是非コンサートを開いてほしいと切に願っています。昨年から新たに荒木さんの大ファンになり、ほぼ図書館にある本もCDもすり切れるほど聴いております。(2017.1.1  T.O 恥ずかしいので匿名希望でお願いします)


■26日のクリスマスディナーショー、とても良かったです。荒木さんの潮騒の街は最高でした。50周年では宇崎さんのを聞きましたが、違った良さで、感動して聞き入りました。荒木さん自身の心の叫びが良く伝わってきて、情景が浮かんできて、自分の体験に重なってしまい感動でした。素晴らしいかったです。来年も是非参加したい思いで名残惜しく帰宅しました。(2016.12.27玉置 昭男)


■『まわり舞台のうえで』、一気に読みました。随所に荒木一郎さんの、人に対する優しさ思いやりが垣間見られ、感激しきりでした。又お母様の告別式での言葉に、自分が母を見送った時の心情がだぶり、涙がとまりませんでした。改めてこれからもずっと、荒木さんのファンでいられることに感謝です。(2016.11.23野口美恵)


■私は徳島県から二人の友人を誘い、コンサートへ行きました。すごい数の人を見て「さすが50周年」と驚きました。コンサートは今まで見た中で一番良かったと思います。荒木さんの声も良かったです。ラストの『空に星があるように』では「ただの季節の変わり目の頃」の「変わり目の頃」の部分の声が聞こえなかったのが意味深で、感慨深いものがありました。コンサート後のパーティでは、中学生の頃大阪で荒木さんのリサイタルを姉と一緒に見に行ったたこと。大学生の頃、映画『スケバン』の撮影で梅田の喫茶店から突然荒木さんとスタッフの方々が飛び出し、靴磨きのシーンの撮影が始り、偶然通りかかった私は驚いてその場に立ち尽くしたこと、などをお話ししました。記念写真も撮らせていただき、本当に良い思い出になりました。またいつかこのような機会があれば有り難いです。日本の天才荒木一郎のこれまでの不遇が残念でなりません。本来ならもっともっと素晴らしい歌をたくさん発表されていたはずです。もう一度、花を咲かせたいものですね。(2016.11.7生島博)


■10/3飛行機が何事もなく飛んで、小雨まじりの東京。チェックインを済ませ、いざオーチャードホールへ急ぎ足。のっこり入場したのが5時3分前、入ってビックリ!満席!驚きましたァ~。自分の席があるのか不安になりながら、ポツンと空いた席に着いた途端、開演。生で聴く曲の数々シビれました、「ジャニスを聴きながら」「水色の星」私もカラオケで歌う「ミッドナイトブルース」など今も格好いいです。荒木さんのトークがこれまた、良い意味の話が半分!も(笑)。ゲストの宇崎竜童さんのアレンジで「潮騒の街」「花病棟」素晴らしかったです!三時間半すっかり楽しみました。アンコールが終わり、みんなが席を立ち始めややしばらくして、「早く帰ってください、怒られますから」とまた歌われたのには笑いました。得した気分になりましたよ。50年数度の本当に貴重なコンサート、生きてて良かったと思う今日この頃です。(2016.10.29札幌kuni)


■『週刊文春』、いま買ってきました。ご紹介いただき助かりました。それにしても今回の本とコンサートの反響すごいですね。ファンとしてうれしいです。荒木さんの歌も最近のコンサートのなかで一番気合いが入っているように感じました。(2016.10.20伊藤雅人)


■SEIKO-CM、何度も見ました。これからも、新しいアップが楽しみです。週刊朝日の記事、とてもよかっですね。嵐山光三郎の荒木さんに対する愛情がつたわり、胸がいっぱいになりました。文春も読みました。なんか急に、マスコミを賑わして、びっくりの毎日です。(2016.10.20渡部純子)


■50周年コンサート最高でした。荒木さんの優しい人柄と、時間を気にしないサービス精神に触れた、感動の3時間30分でした。私の大好きな『夜明けのマイウェイ』も聴け、とても満足な時を過ごさせてもらいました。また、荒木ファンの礼儀の良さにも感心させられました。あとは、このコンサートのDVD化に期待します。(2016.10.13玉置昭男)


■『まわり舞台の上で』と共に紹介されている貴重な懐かしいCMの数々。どれも名作品ですネ!!記憶を辿れば、どれも懐かしく思い出されます。感謝!!『まわり舞台の上で』、CMを見聴きしながら読みたく思います。発売日が待ち遠しい!!(2016.10.11玉置哲男)


■10月3日のプレミアムコンサートから4日が経ちましたが、コンサートを観られた多くの方から、改めて荒木さんの楽曲(詞)の素晴らしさに感動したとか、“脱力感”のある歌声に魅了されたとかと言った絶賛するブログの記事のアップが絶えません!!(嬉)私も全く同感です!!ところで、一緒に行った弟と二人で「いとしのマックス」の“GO”を興奮して叫んでしまいました。いまだに余韻が残っています。是非、DVDの発売を期待しています。(2016.10.07玉置哲男)


■10月3日、オーチャードホールへ足を運びました。子供の頃『いとしのマックス』を聴いて、なんてかっこいい歌なんだろうと思いました。映像は見ていません。それから40年以上経ち、荒木さんは今どうしているか気になり検索。『空に星があるように』を聴き、詩のすばらしさに感動。一度は生歌を聴きたいと願っていました。夢が叶いました。次回のコンサートは近くで見て聴きたいです。(2016.10.05リアルタイムで見た事がないファンより) 


■静岡で「星に唄おう」をザーザーしたラジオで聴いてから50年。ついに生荒木一郎さんを体験できました☆☆☆ホントに嬉しく私の幾つかある夢の上位に位置する荒木さんの“生声☆生ステージを観たい聴きたい”の夢が叶いました。荒木さんの「梅の実」を聴いて歌作りがもしかしたら私にもデキるかもで恥ずかしながら何曲か作って今もその楽しみは素人ならではの活動ですがつづいています。65才過ぎても音楽を楽しめる今の日常は荒木さんの「梅の実」があったからの私ですが曲作りも語ってくれた初めての生荒木一郎さんのステージの感想を自分のBBSに書いてみました。http://8024.teacup.com/rockya/bbs

絶対自分にも誰にもデキないカッコ良すぎる荒木一郎さんの生き様もっともっと見せて下さい。ホント最高の3時間半でした♪ありがとうございました。(2016.10.05yamanashi)


■昨夜のオーチャードホール、現役感満載の素晴らしでした。今こその荒木さんの曲を聴かせて欲しいです。洋楽好きで、一人カラオケ運転。爆音で、F.O.B.、FF。懐かしめは余り入れてないのですが、荒木一郎をよく🎶〜GOう!どうしたかしら?と歌っておりました。因にウチの息子も娘も🎶〜GOう!を知っているほど。きっと曲が出来ているはず。今の荒木さんの曲をこれからも楽しませて下さい。楽しみにしております。(2016.10.04富樫美砂)


■昨日のコンサートは大盛況でしたね。おめでとうございます。あの人数はどうやって集めたのでしょう。若いヒトも多く、荒木一郎さんをあまりご存知でない方が多かったように思います。お話の反応を見ていてわかります。どうもアウトローの話に慣れてないような一面ありましたね。荒木一郎さんもふだんよりおとなしい、あたりさわりのない話しぶりでした。歌の内容は全体的にあらゆる方向、ジャズ、ブルース、サンバ、演歌、フォーク、ロックなど、ジャンル、リズムのバラエティーに富んだ曲を集めたのですね。十分楽しめました。ところでこれってDVDになるのでしょうか?またのコンサートを楽しみにしています。ありがとうございました。(2016.10.04Toshiro Hara)


■「思い出のメロディー」の荒木さんの場面を何度となく観ています。約50年前にタイムスリップ、弟と一緒に毎夜寝床で聴いていた「星に唄おう」を思い出し荒木さんの歌声に癒されました。素敵なアレンジでの歌唱でしたが楽曲の素晴らしさを再認識しました。又、放送の開始&終わりの時に荒木さんの姿がなかったのは荒木さんらしくて納得です。愈々、プレミアムコンサートまで、アト2週間余りになりましたが、待ち遠しくて“ワクワク・ドキドキ”です!!(2016.09.17玉置哲男)


■思い出のメロディーから10日程たちましたが、いまだに余韻に浸っています。やたらわいわいがやがや進行する中、荒木さん出演の数分は完全に荒木ワールドでした。格好良かった。歌は勿論衣装もサングラスも・・・。今後ともお元気で益々のご活躍をお祈りいたします。それとこのファンサイトの運営にかかわっておられる方に感謝いたします。(2016.09.08野口美恵)


■中1のころ、釧路から遠い東海ラジオに針を合わせ「空に~♪」と流れてくるのを勉強中に密かに聴いていました。『思い出のメロデイー』、皆さんもご覧になりましたね。あッ!オープニングにお姿が見えない。え〜!? TVの前の荒木ファン、ハラハラしましたよね。そしたら、ひょっこり登場。頭をポリポリ、まるで19歳の少年のようにはにかんで。ファンのシビレた瞬間でしたね。唄も力が抜けて、あっさりさりげなく素敵でしたね。さて、コンサートもカントダウンです。今度は、私がハラハラドキドキに。当日、台風に遭わず、飛行機が飛びますように祈るばかり。(2016.09.07札幌KUNI)


■思い出のメロディー大変よかったです。星に唄おうの時のように語りかけるような感じで、やはり芸能人だと思いました。本当は、もっと歌って欲しいのですが・・・。(2016.8.28ワタンドヨーコ)


■NHK思い出のメロディー感動しました。とてもリラックスして居る荒木さんに嬉しく思いました。優しい人柄が質問の答えにとても感じらえました。永くファンでいて好かったです。今度は、50周年コンサートで本物の荒木さんの会えると思うと落ち着いていられません。本物の荒木ファンと時を同じにできることを大切にしたいと思ってます。宜しくお願いします(2016.8.28玉置昭男)


■NHK総合テレビ、きのうの『ブラタモリ』(会津磐梯山)では『果てしなき闇の彼方に』(インスト)が、そしてけさの『うまいッ!』では「夜明けのマイウェイ」(イントロ)が使われました。うれし〜い。(2016.07.17山口孝子)


■今か今かと待っていましたが・・・10月3日にデビュー★50周年記念コンサート開催の詳細情報がアップされ、嬉しくて嬉しくて、開催を要望していた甲斐があったと思っています。プレミアムとのことで、ゲストで宇崎竜童さん・中村雅俊さんの出演もあり、今から10月3日を大いに楽しみに待ちたく思います !!ブログを通じての多くの荒木一郎ファンの方にも、お知らせしています。(2016.6.25玉置哲男)


■荒木信者の一人です。10月3日のコンサート正式決定とても嬉しいです。何としても行きます。開催に尽力なされた関係者の皆様に感謝です。チケットを手にするまでは落ち着きません!無事チケットを手にして、当日を迎えらる様に願ってます。当日は荒木信者の皆様と、楽しい時間を存分に味わいたいと願ってます。信者の皆様よろしくお願いします。(2016.06.20玉置昭男) 


■荒木一郎様  デビューのころからファンでした。初期のヒット曲を繰り返し聞いたものです。2010年のころ両親が続けて亡くなりその後悲しみをひきづっていたため(3Days)のライブDVD発売を知りませんでした。最近になり遅ればせながら購入し毎日毎日視聴しています。若いころはただ好きで聞いていましたがこのDVDは本当に心に染み入ります。歌は勿論トークも最高です。今年は50周年とのことでとても楽しみです。願わくば関西圏でもライブをやっていただけたらどんなに嬉しいことでしょう。ともかく荒木一郎様スタッフの皆様益々お元気で楽しい企画を期待しています。(2016.04.01野口美恵)


■荒木一郎さんの「空に星があるように」「いとしのマックス」「今夜は踊ろう」を初めて聴いた時は何て素敵な曲なんだろう、ちょっと不良っぽいつぶやくような独特の雰囲気が何ともすてきでした。ふと荒木一郎さんが気になりyoutubeでここ数日観ていました。図書館で旧いCDアルバム「SHOWBOAT YEARS」「BEST OF BEST」を借り、そのすべての曲に感嘆し感動し毎日家事をしながら、布団に入り寝付くまで、夜中に目が覚めたとき、ずっと聴いています。なぜ今まで気がつかなかったんだろうと空白の時間がもったいなく感じられます。このページにたどり着き50周年記念コンサートのことを知り、大感激です。彼の歌は心に自然に入ってきます。ずっと歌い続けてほしいです。やはり、ファンの方はいっぱいいらしたのですね。嬉しくなりました。生の荒木一郎さんのコンサート是非体感してみたい還暦を何年か過ぎたファンです。ありがとうございました。(2016.03.27岡村登代美)


■私、「蜃気楼のように」と言うタイトルでブログを作っている(とらんぷ)と申します。ひょっとしたら私の本名をご存知かも知れませんが、ブログの関係上、とらんぷを名乗らせて頂きます。荒木さんのドラマ出演一覧の中に抜けている作品があるのが以前から気になっていました。「ああ夫婦」このシリーズドラマに荒木さんが出た作品がもう1本あるはずです。荒木さんの妹役で栗原小巻さんが出ていたのを覚えているので「ああ夫婦 荒木一郎 栗原小巻」で検索したら出てきました。「虚虚実実」と言う作品です。(昨今のレベルの低い国会議員の続出で思い出したんですが)荒木さんは便器の製造会社の社長一家の息子役でした。当時流行り出したフォークソングを歌ってばかりで社長業を継ぐ気のない息子です。歌もパッとしない、社長の器でもない息子にカカア殿下の母親(沢村貞子さん)が「芸術家にも実業家にもなれないんなら、政治家になるしかないでしょ」と言って、息子を立候補させるのです。演説で荒木さんが「バラ、バラ、赤いバラ、ふた、ふた、トイレぶた~」と歌ってたのを覚えているんですが…。荒木さん、秋にコンサートされると渡部純子さんから聞きました。今から期待MAXです。(2016.02.17とらんぷ)


■しばらく迷子になっておりましたが、Max a GoGo が再開されて、とても嬉しいです。更に見やすくなり、貴重な資料や情報も満載で、本当にありがとうございます。また、50周年記念リサイタルの報に接し、思わず一人小さくガッツポーズ!私の今年の一大イベントになりそうです。詳細を首を長くして待っております。(2015.1.15長野美保)


■荒木ファンです。歌手デビュー50周年記念リサイタル決定 大変嬉しいです。待ち遠しいです!3daysがとても良かったので又、楽しみです。荒木さんの歌詞から、私は希望と勇気と愛をもらいました。荒木さんを知ったことは、私の人生と、人間性に大いに影響してると思います。そして、何度聴いても歌ってもいつも新鮮です。自分の人生が進んでも、その都度に新鮮に心に響いてきて、希望と勇気と愛をくれます。これからも、荒木信者を続けるでしょう!歌手デビュー50周年記念リサイタル期待してます。荒木さんのこれからも活躍してくれること期待します。(2015,12,15玉置昭男)


■2016年(来年秋)に荒木さんの「歌手デビュー50周年記念リサイタル決定 !! 」とのHPの情報、大変嬉しく拝見しました。切望していましたので感激です !! 「詳細は順次お知らせ致します」とのことですが、今から詳細の発表が大いに楽しみです !! 個人的な希望(要望)としては荒木さんに関わりのある大勢のゲスト(歌手)を招いての盛大なリサイタルを期待して止みません !! ところで、12月7日に開催された野上照代さんとのトークショー、「荒木一郎 Filmライブ&映画と音楽を語る」のニュースをウェブの芸能記事で読みました。私も野上照代さんと同じく、荒木さんは天才だと思います。又、荒木さん御自身が仰っている通り、荒木さんの才能は共有すべきだと思うし、「無料でも曲を書くから放送局にはいい曲を流してほしい」とも仰ったそうですが・・・荒木さんの人間性が現れた内容で私も同感です。(2015.12.12玉置哲男)


■ファミリーヒストリー「野口五郎~歌にかけた家族の絆~」、観ました。10才の時、荒木一郎さんの「今夜は踊ろう」を『ちびっこのど自慢』(フジテレビ)で唄い優勝したのが歌手・野口五郎誕生の原点と言っても良いのではないでしょうか !! 何故、野口五郎さんが荒木さんの「今夜は踊ろう」を選曲されたのかは分かりませんが。想像ですがその時に大ヒットしていてエレキギターを弾きながら唄える楽曲なので選んだのではないでしょうか?何れにせよ荒木さんの「今夜は踊ろう」との“めぐり逢い”が歌手・野口五郎誕生に繋がっていることは、荒木一郎ファンとしては大いに喜ばしく思います。2015.10.25玉置哲男


■充実してカッコ良く仕上がって行くHPをほぼ毎日楽しみにチェックしています。『懐・広告集』の感想・・・荒木さんの歌手デビュー以来の貴重な資料なので、荒木一郎ファンに留まらず昭和の歌謡史に残して貰いたいです。『懐』は“なつかしさ”を感じて貰うに相応しいタイトルで良いのではないでしょうか。これから、どんな『懐・広告』がアップされるか大いに楽しみです!! 2015.10.08玉置哲男


■まずは↓こちらをお聴き下さい(YOU TUBE)。

 藤澤ノリマサ/空に星があるように

名曲「空に星があるように」はそれこそ星の数ほどカバー(CD・レコード)が存在しますが、これぞホンモノ!! 『新BS日本のうた』(2015.8.16放送)の藤澤ノリマサさんの歌唱には感動の余り、涙が溢れまくるのだ。私はかつてこれほどまでに完璧に原曲を歌い上げ、感動をもたらす歌手を知らない、と断言します。2015.10.5山川里美


■復旧作業ご苦労さんでした。HPで新しい情報楽しみにしています。2015.10.04南一平


■本当にご苦労様です。毎日楽しみにしています。復活してとても嬉しいです。お身体大切に。2015.10.04渡部純子


■ありがとうございます。どうしようかと途方にくれていました。良かったです。今後ともよろしくお願いします。2015.10.03伊藤雅人


■「Max a Go Go DX 荒木一郎FAN倶楽部」HP、毎日覗いています。徐々に「カッコ良く」仕上がっていく様子、拝見しています(嬉)。まだまだ完成まで大変な作業でしょうが、体調に気を付けて(ジックリ)頑張って下さい。完成が楽しみです!!2015.09.27玉置 哲男


■修復作業、さぞ大変なこととお察しします。ご苦労さまです。完成を楽しみにおまちしています。2015.09.27池畑成功


 

お便りは下記↓Emailからお願いします。